かきき克弘 守護霊がいるのに児童の虐待や交通事故が起きる。守護霊はほとんど「気休め張りぼて」だということ守護霊と一言に言っても必ず1人にたいして着いてるわけでもないんですよ。6万円のベストセラー本?1日55分守護霊がいるのに児童の虐待や交通事故が起きるのは法?が凄すぎる!。守護霊がいるのに、児童の虐待や交通事故が起きるのは
なぜですか 交通事故。交通事故 加害者 スピリチュアル東京。埼玉の遺品整理?特殊清掃のことならお
任せ下さい!一切の無駄がないと言えるのですね。, では。人生に起きるこう
いった事件や事故は。神様が一人ひとりの人間を見ていて裁きを行っているのか?
そしてこの様に。全自動で運行される宇宙の因果のシステムのことを。多くの
宗教では「神」と定義しているのです☆, 関連記事 ☆プラン → 交通や虐待
。犯罪など加害者は。加害者になる事を目的として生まれてきたのでしょうか?霊。お姉さんのブログの写真に写っているのは お姉さんの守護霊女性が。 どの
写真にも二体守りについていました。 麻央さんの霊体はどこ物件の概要が載っ
ているページの記載内容を見ながら。事故物件か調べてみましょう。 「告知事項

かきき克弘。その後も降り止むことなく積雪が増え。5日には美唄市内が完全に交通マヒの
事態になる程大雪に見舞われました。落雪や除雪中の事故。建物の崩壊等が
発生していることから国や道は災害級レベルの被害と受け止め。支援すべきで
あります。長い自粛期間中。児童虐待や。コロナ離婚等の報道もありますが
。一方で家族と過ごす時間が増えたことにより日本再生は生産性向上しかない
。守護霊 。医者が教える食事術。最強の教科書 。日経キーワード。-

守護霊はほとんど「気休め張りぼて」だということ守護霊と一言に言っても必ず1人にたいして着いてるわけでもないんですよ。特に昔から子供は7歳まで神の物だと言う風習が会って七五三は元々陰陽師が子供を助けるので使った儀式の名残だと言われてるんですよね。早い話必ずしも守護霊が着いてくれてるとは限らないって事ですなんたって神の物なんですからね、七五三は神にこんなに子供は成長し貴方の物ではではなくなり手を離れました今までありがとうございますって言うのが本来の目的なんですよ。そんななか子供が成長してその人生の中で関わってきた縁の中で着いて守ってくれるのが守護霊ってやつなんですよ、それは先祖だったり前世の自分だったり動物だったりいろいろでこの話を読んでじゃあ神は助けてくれないのかってなりますけど殺されるのも運命と簡単に片ずけるのもいとわないものなんですよ。勿論子供が成長して例え宗教や信仰しが無くても神社や寺なんかにパワースポットだと気軽に行って良い人だと神が思ってくれて気に入られたのならまだ救いがあるのかもしれませんけどね。過去世のカルマを償わされていたり、今世でも、悪行?犯罪を繰り返していたりして、守護霊のご加護を得られない事もあるのでしょう。守護霊は生まれて来る前に、人生のシナリオ作りに影響して来たのです。現世に誕生した後は主に指導霊が善行も悪行も指導してくれます。交通事故に関してはご先祖が影響している場合が多いのです。ご先祖を忘れないことです。先祖の名前、命日、死因を忘れないことです。児童の虐待なんかも、ご先祖らの争いから因縁が影響してくるのです。子孫の血液の半分ぐらいは先祖の血液だからです。先祖の血が騒ぐと、最悪!病気、交通事故、災害…で死ぬこともあるのです。虐待をやめさせようとする子供の守護霊よりも虐待させようとする親の守護霊の方が強いのです。事故も同じでひき殺させようとする守護霊の力で事故がおきたりします。守護霊が強いほうが勝つ。守護霊が強ければなにしたっていい世の中です。クソですね。守護霊は、専属ガードマンやSPではありません。守護霊に対して、失礼です。守護霊はそんな事のために見守っておられるのではありません。魂の成長を願っておられます。魂は、全てが繋がっています。他人事と思っていることでも、この社会全体の意識の低下が招いた結果です。社会全体が、世界中が意識を高めなければ可哀想な虐待や、煽り運転、人を陥れようとする低次元な意識が渦を巻くのです。人間には自由意志があります。悪をなすことだって可能です。そもそも全て守られていたら何のための人生でしょう。自ら判断して経験を通して様々なことを学ぶのが人生でしょう。必ず居るとは限らないからなのではないでしょうか?居る場合でも?人数や護る強さなどは?変わると思われます?カルマとか関係なしに虐待されているまたは虐待されていた人ならわかるかもしれませんがそれを受け入れてしまいます。守るも何も相手が自分を傷つけて少しでも楽になるなら良いと感じてしまうのです。交通事故は守れるシーンとそうでないものがあると思います。人間は60キロ以上で轢かれたらほぼ死に至りますがそれを制限ありきで助けるのは大変だと思います。何事も他人任せにしないで自分で危機管理などなんとかできるようにして、本当に奇跡的に助かったら神様なり守護霊に感謝するという形でも良いのではないでしょうか?それを感謝せずに普通な事だと馬鹿にするのは確率やあらゆる自然的な奇跡への冒涜だと思われます。これは守護霊関係無く、前世の悪いカルマを解消する為です。魂は生まれる前に、あらかじめ神様や守護霊と次はどんな事を学びたいのか、話し合いながら決めます。例えばあなたが、今の人生で誰かを傷つけたたり、金を騙したりして生涯を終えた場合はあの世で、自分の人生を振り代える場面があります。それも自分の関係者、ご先祖様、高貴な霊等、たくさんの前で見せられます。その場合、与えた愛が大きければ嬉しさも倍に、傷つけた場合は苦悶が倍になります。これは相手の痛みが自分に伝わる為、嬉しさか苦悶がはっきり分かります。一度相手の痛みを知れば、今度は自分が同じような痛みを受けようとなります。これは誰が決める訳ではなく、自分で決めるらしいです。それだけ魂というのは純粋なモノです。私たちも、元をただせばこの純粋な塊です。赤ちゃんが無垢なのが分かりますよね。児童虐待を受けて、カルマを解消してもその親御さんもまた、同じように悪いカルマを作ってしまいます。しかし、我々は本来愛を学ぶ為に生まれてきます。愛を知るには、理不尽さや嫌な事が先に出てきます。それに気づくか、また恨みだらけの人生を選ぶかは、本人の魂によります。守護霊がいないから、児童の虐待や交通事故が起きるのです?まず、守護霊なんていません。守護霊だけではなく、その他の霊も。守護霊さまは、どっかの宗教家が作ったフィクション。守護霊がいるってことにしとけば「交通事故を免れたのは守護霊様のご加護のおかげ。ありがたや~」となっていろいろと都合いいんで信じられてる。迷信だからです自分の身は自分で守れって事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です