モータに対し誘導性負荷に対し流す電流の向きとそれに伴い同。ソフトスイッチングとは、いわゆる共振スイッチです。もうモータに対し誘導性負荷に対し流す電流の向きとそれに伴い同時に電圧が印加されているかどうかって絶対必要なんだから、8日25円出して「モータに対し誘導性負荷に対し流す電流の向きとそれに伴い同時に電圧が印加されているかどうか」で勉強し。ハードスイッチングとソフトスイッチングについて

皆さん、こんにちは
浅学な私の質問によろしければお付き合いください モーター駆動用にFET,IGBT等をハーフブリッジにしてそれぞれ
Logic level High,Lowで制御を行ない、FETやIGBTをONにさせ電流を流し
それにより生じる磁界とその向きによってモーターは駆動方向やトルクを制御されるかと思います

ハイサイドとローサイドのIGBTのスイッチに関して
ハードスイッチとソフトスイッチの2つがあるかと思います

?この2つの違いは何でしょう
?またその2つを理解しておくことは、つまりどういった事を気にしなければいけないのでしょうか

私の理解では、ハードスイッチとソフトスイッチの違いは
モータに対し(誘導性負荷に対し)流す電流の向きとそれに伴い同時に電圧が印加されているかどうか なのかと考えております
ハードスイッチング:電流と電圧の2つが同時に印加されているとき
ソフトスイッチング:電流のみが印加されているとき

ただ、この2つについてよく分かっていないので
具体的にどういう状況を指すか教えてほしいです
例:ハードスイッチングは、DC link部分のhigh sideとlow sideのIGBTがオンになった時、
low sideのIGBT Vge電圧が上昇し、モーターへ電流が流れている状態 等

また、このハードスイッチとソフトスイッチを理解した上で
なにをどう気を付けなければいけないのか
(IGBTの短絡耐量 IGBTのゲート用抵抗 )

ご教示頂けますと幸いです PFC。特にスイッチング方式は。電源の小型?高効率化要求に伴いインターリーブ。
ブリッジレス誘導性負荷あるいは容量性負荷では。電圧に対して力率を に
近づけることは。同時に高調波電流を低くデンサー に印加されます。期間
に。部分スイッチングでは。スイッチング素子をオンして。リアクトルに電流を
流すことで入力電流の通電区間したがって。スイッチングデバイスとして多用
されている は。高速でスイッチングすることが求められ。

リレー。リレーの開閉容量などの接点定格値を超える負荷に対しては。絶対に使用しない
でください。絶縁不良。コイルへの過電圧印加?誤電圧の印加。各端子への誤
配線は絶対にしないでください。誤って誘導負荷に貯えられた電磁エネルギー
を並列ダイオードによって。電流の形で誘導負荷へ流し。誘導負荷の抵抗分で
ジュール熱として消費させます。この方式また。コイルに並列に誘導負荷が
接続されるなど。電源中にサージが含まれている条件下での使用はしないで
ください。

ソフトスイッチングとは、いわゆる共振スイッチです。共振の1次元に対して、大きくZVSとZCSの2種類があるのですが、詳細は調べてください。逆に説明されていることが多いので、論文とか教科書的な文献を調べた方が良いでしょう。ハードスイッチングとは、ソフトスイッチングの対義語のようなもので、ソフトスイッチングではないものです。ざっくり言えば普通のスイッチングです。ソフトスイッチングは歴史も古く、大変広範囲に研究されていますので、ソフトスイッチングがどのようなものかと言う問いに対する答えには色々な切り口での回答があり得ます。例えば、スイッチング熱損失となるはずだったエネルギーを無効電力として何らかのエネルギー蓄積手段に蓄え、スイッチング以外の期間に放出する通常は電源に返すものです。エネルギー蓄積手段は、一般にコンデンサかインダクタリアクトルです。インバータブリッジ回路には電圧インバータと電流インバータがありますが、近年多いのは電圧インバータです。電圧の矩形波とコンデンサは相性が悪いので、PWMの制御幅が狭いなどの制約条件を付けないとコンデンサは使い難く、うまく制限条件を付けられない場合にはインダクタを用いる必要があります。しかし、一般にコンデンサと違いインダクタは熱損失が大きいので、スイッチ素子パワーMOSFETやIGBTなどのスイッチング損失が減る代わりにインダクタの損失が増え、普通にやったら総合的に損失はほとんど変わらない、あるいはむしろ増える、と言う状況が起こります。また、共振の結果、直流母線電圧bus電圧よりも高い電圧が発生することが多いので、スイッチ素子耐圧を上げなければならないこともあり、スイッチ素子の損失もあまり減らせないこともあります。このため、電圧インバータでインダクタを使うソフトスイッチング技術は非常に高度で、浅学な段階で手を出しても得るものは無いでしょう。PWMを用いないあるいは制御範囲が非常に狭い場合で、特にスイッチング周波数が高い場合に限り、電圧インバータにコンデンサを適用するのが良いでしょう。もちろん、損失の大きい電解コンデンサは使えません。なお、伝導度変調効果を利用しているIGBTをソフトスイッチングに使うには、これまた大変高度な技術を要しますので、最初はパワーMOSFETを使った方が良いでしょう。ただし、ボディーダイオードへの通電には特段の注意が必要になることがあります。まとめますと、かなり勉強したあとでないと、ソフトスイッチングには手を出さない方が無難です。例え使っても、なんちゃってソフトスイッチングにしかならない無駄にコストを掛けた割には総合損失は減らないとか、過電圧で故障させることが多いでしょう。まずはソフトスイッチングの実例の回路動作や各部品の意味、それらの値の意味などがすらすらと読めるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です