元刑務官心臓がどくんと動いていた 日本の死刑賛成論者のう。世論調査でそういうアンケートを取っていないから、わからないのでしょう。日本の死刑賛成論者のうち、殺人の件数に対する死刑の割合が今のままでいいと考えているのは何% 元刑務官「心臓がどくんと動いていた」。世論の多数が極めて悪質?凶悪な犯罪について。死刑はやむを得ないと考えて
いる」と上川陽子法相が会見で述べた強盗殺人事件で死刑が確定した男の執行
に立ち会ったのは。刑務官になって間もない1971年末ごろでした。情報が
ないままで「どうですか」と問われれば。世論調査でも「存置のままでいい
んじゃないですか」。となるのは当たり前です。〈日本の死刑制度〉 日本の
死刑は法務大臣の命令によって。全国7カ所の拘置施設で執行されます。

世論調査でそういうアンケートを取っていないから、わからないのでしょう。さあ?そんな意味の無い統計とるほど暇な奴はいないだろ。それに、殺人事件に対する死刑の割合?なんじゃそりゃwwもうちょっとアタマ使おうね。そもそも罪状が同じ殺人でも、そこに至るまでの状況や結果が全然違うのに、発生した殺人事件全体の件数に対する死刑を望む割合なんか求めたところで意味がないだろ。死刑が適用されるかどうかは個別のケースによって違うんだから。こんなバカみたいな理屈をこねてでも賛成派を貶めたいのか?似非廃止派はこれだから呆まさか量刑がサイコロを振ってきまると思ってない?法定の量刑に幅があるということはたとえばその悪質さによって量刑を変えるということ。その状況下、全体の割合の是非を問うても意味がない。割合の問題じゃないでしょ。凶悪犯罪がなくなれば、死刑判決される人は0になるでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です