地球温暖化が進むとどうなる 今のまま温暖化が進み暑くなっ。現実はそんなもんじゃない。今のまま温暖化が進み、暑くなって数度上の平均気温で停止したとすると、日本の植生が温帯適応から亜熱帯適応あたりに順次遷移してゆく、結果農作物も品種を大幅にかえざるを得ない つまり日本の伝統料理がほとんど輸入原料に頼ることになる、若しくは食えなくなる、のでしょうか 地球温暖化が進むとどうなる。地球温暖化は。気温を上昇させるだけでなく地球全体の気候を大きく変える「
気候変動」を引き起こします。既に世界各地では。自然環境や人の暮らしに。
そのさまざまな影響や被害が現れ始めており。その深刻さから近年

現実はそんなもんじゃない。温暖化が北上する速度は、生態系が変る速度よりも早く、絶滅していく動植物が多くいづれヒトも居住できなくなります。当分先の話のように思います。 日本は南北に広がっているので今のところ何とかなってますね。 昔は北海道のお米なんてありませんでした。 しかし現在の温暖化というよりも気候の変動が大きくなるので、干ばつや洪水などの災害によるダメージの方が多いのでは?IPCCは100年後にCO2濃度が2倍になると、3度上昇すると予測しています。東京よりも3度高いのは鹿児島です。鹿児島の作物は関東と大差ありませんから、農作物や品種が大きく変わることはないし、「日本の伝統料理がほとんど輸入原料に頼る」ことにはなりません。もし、7度上昇し、氷河期が終わって古第3紀や沖縄並みの気温になると、沖縄の作物と同様な栽培品目になるでしょう。米、サツマイモ、サトウキビ、パイナップル、バナナ、マンゴー、冬場の野菜類等。今のまま温暖化が進み、暑くなって数度上の平均気温で停止することはありません。CO2濃度の上昇で温暖化しません。1980年代から科学的知見を無視して政治的に通説になっている温暖化CO2原因説では、CO2濃度が高まると赤外線の吸収が増えて地球に熱がこもって温暖化することになっていますが、赤外線吸収域が波長14~16μmの二酸化炭素は波長8~13μmの大気の窓領域の赤外線を吸収できませんから、濃度が高くなっても、放射冷却を減らせません。ということで、国連、政府が支持し、学校でも教えている温暖化CO2原因説は間違っています。大気の窓.大気通過後の放射スペクトル図3.5 大気放射のスペクトルCO2の赤外線吸収波長15μm付近では、上向きの地球放射の線と下向きの大気放射の線が一致しています。この波長では100%遠赤外線を通していないし、CO2が吸収した熱赤外線の全部が、周囲の空気を暖めることなく、再放射により大気放射として地表に戻っています。CO2の赤外線吸収波長15μm付近では、放射の収支がゼロで、正味の放射は起きていませんから、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化はいずれも物理的に不可能です。→話はそおおおは簡単なものじゃあないでしょうね!もっともっと複雑です。このまま温暖化が進むと決ってる訳ではないのです。はっきりとした一番の原因?すら充分特定出来てるとは言い難い。まだまだ議論が続くのでしょう。排出CO2による大気温度上昇仮説は、ほぼ理論破綻状態なのでしょうね!IPCC説は敗北状態なのですよ!確かに温暖化が進むと食料危機が起こるとされています。一番怖いのは、未知のウィルス等が蔓延して死亡者が出る事でしょう。僕が中学生になる頃までAIDSは存在してませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です