宇宙モデル 空間が膨張をするのをやめた場合宇宙の果てまで。回答、順に羅列します。意外? それとも順当? 1383年「はてなブックマーク 年間ランキング」。空間はどこまで膨張するのですか 膨張したあかつきには収縮に転じますか 一定のところまで膨張したらその大きさで安定しますか 風船のように膨らみ過ぎると破裂してしまうような事はありますか 空間が膨張をするのをやめた場合、宇宙の果てまで観測出来るようになりますか 質問6。「宇宙の果て」という言葉から考えて。「そこまでいくと。そこから先には宇宙
がなくなってしまうような境目」と思ってしまうかもしれません。地球で観測
したのと同じように。どの方向を見ても億光年先までを見ることができるだ
ろうと考えられています。億光年を大きく超える距離の場合。距離をどう
定義するかについていくつかの考え方があります。光が天体を出てから私たちに
届くまでに途中の空間が膨張するため。身近で使っている距離の考え方を
そのまま

空間が膨張をするのをやめた場合宇宙の果てまで観測出来るようになりますかを作るのに便利なWEBサービスまとめ【2017年版】。宇宙にはてはあるのですか。たとえば。日本の北のはてはどこでしょう。と聞かれたとしたら。北海道の稚内
ですと答えられるような。はてがあります。とか面積を考えているときのよう
に。ある量がある決まった所までしかない。有限であるという意味のはてが
あります。また。宇宙は膨張していますので。私たちからみて膨張の速さが光
の速さより速くなるところがあります。もし。私たちが観測できるぎりぎりの
遠い所に一瞬の間にいけたとしても。そこから見える宇宙は。億光年以上も
広がった宇宙の果てには何があるの。宇宙の果てまで想いを馳せると。気になるのは“観測可能な宇宙”のさらにその先の
こと。もしこれが正しければ。宇宙全体の大きさが有限であることにはなり
ますが。それでも円のように始点も終点も端もないことになります。宇宙が
膨張していることを踏まえると。光が到達するあいだに光の移動距離が増える
ことになるのです。ただ。観測可能な宇宙を含め。わたしたちに見える宇宙の
すべては星。銀河。銀河団。その他多くの空の空間など今日の私たち

【秀逸】お金のかからない空間が膨張をするのをやめた場合宇宙の果てまで観測出来るようになりますか?コスパが良い遊び363個まとめ。「宇宙の果て」までの距離は138億光年ではなかった。それ以前は。そのようなことは科学の対象ですらなく。神話や伝承の領域であっ
たのだから。それでは空間方向の「果て」はどうだろうか。現在の宇宙論
においてこの意味で「果て」という場合。さらに通りの意味で使われていること
を最初に述べておきたい。この億光年という限界距離を「観測可能な宇宙
の果て」と呼ぶことにする。だが。光が昔に通過した領域はその後の宇宙の
膨張により引き伸ばされているので。光が通ってきた経路の長さを今の宇宙で
測れば。宇宙モデル。この壮大なプランの実行にあたってアインシュタインは。まず問題を簡略化する
ため。一つの重大な原則を採用した。実際。われわれからもっとも近い隣の
銀河の一つであるアンドロメダ大星雲までの距離すらわからず。それが銀河系の
中にあるこの状態だと。宇宙の平均密度は一立方メートルの空間について陽子
が一個前後という極端に小さなものとなる。もし。理論と観測が示すように。
宇宙をあくまで静止した状態に保っておきたいと思ったら。場の方程式を
何らかの形で

すべての空間が膨張をするのをやめた場合宇宙の果てまで観測出来るようになりますかに贈る便利でしかも無料のアプリ218個紹介。よくあるご質問。「宇宙が誕生したのは億年前だそうですが。それより前はどうなっていた
のですか?摩擦でエックス線やガンマー線などを放出するので。それを観測
することで『あの辺りにブラックホールが存在しているようだ』とわかります。
爆発して残った残骸中性子星の質量が太陽の倍より大きいと。ブラック
ホールになります。たら地球から億光年離れた場所に住んでいる人が地球
と反対側を見たら。-=だから。宇宙の果てまで億光年しかないんで
すか?宇宙論よくある質問。もしそうなら。それは物理学の基礎原理に矛盾しているのではないですか?性
理論では時間を逆行することができることが示され。結果が原因の前に来る
という。全くおかしなことになります。膨張宇宙では遠くの天体はそこまでの
距離に比例した速度で遠ざかっています。が膨張するということとの間には
大きな違いがあり。空間の膨張の場合。距離の膨張率が光速を越えてしまうよう
な遠方の

回答、順に羅列します。限りなく膨張する。収縮に転じるほどの物質を含んでいないので、収縮は、まず、ない。膨張を止めるほどの物質を含んでいないので、膨張は止まない。宇宙空間は容れ物に入っているわけじゃないので、破裂など生じない。宇宙の膨張と観測の限界は別もの。現状、宇宙年齢に相当するほど遠くを観測する手段を持ち合わせていない。宇宙の遠いところほど、急速に膨張して遠ざかっている。故に、宇宙の果てを観測することはできない。宇宙の果てがあったとして、何があるかは、誰も知らない。まあ、無から宇宙が誕生したんだから、仮に宇宙の果てに辿り着いたとしても、見えるのは無でしょうね。天体が拡散しているのであり、空間は膨張しません。空間は無限です詳しくはこちらの参考URL内参考URLの各本文及び補足全10参照。まあ 宇宙の膨張が止まる事はないだろうね…光速の3倍以上 さらに加速しとるww 本当…ちょっとお休みになったらと言いたくなるよね?収縮はないでしょw 破裂 空間が裂ける そして また 宇宙誕生 悪くはない安定しても 結局 宇宙に材料がなくなり 数百京年程でブラックホールだらけ…望みは ブラックホールが蒸発したら 宇宙誕生につながるか?やはり どこかで 宇宙誕生につながって欲しいよね?我々が存在した宇宙が亡くなったら 悲しいです…空間の果ての先は量子の世界と聞く 我々の常識が通用しない世界無秩序世界だから 仮に宇宙を見れたとしても 距離とか形という常識ないから 想像すら出来ん科学では空間が現れ広がっているとしていているので、あなたのご質問になります。空間は風船を連想させるので、膨張が似合います。最初の広がりの速さは僅か60万年から2千万年位の間に既に138億光年の広さになったとして、それでそこからマイクロ波で届いていて宇宙背景放射とされています。ところがそこからこちらに近付く程、広がりが衰えて来ているのが観測されているので、その内に全ては縮んで来ると思われていたのが、60億光年からこちらを観測していたチームが、むしろ若干加速で広がっていると見たのです。それで縮まって来るところか、膨張にぶり返しているという事になりました。途中からこのような膨張の力が加わった不思議に対して、ダークエネルギーがある性だという事になっています。これは空間が広がっている話で成り立っているのですが、私は空間は元からあっただけで広がってもいなくて、全ての物質だけで広がりと集まりを繰り返した考えをしています。これでは集まって来る事が条件になるので、60億光年からこちらに対する若干の加速の意味の解釈も違ったものになります。それであなたが疑問された>膨張したあかつきには収縮に転じ、一定のところまで膨張したらその大きさで安定するのは一時的な事になります。空間が広がってなかったので、>風船のように膨らみ過ぎると破裂してしまうような事はありません。宇宙の果てとして観測されたとすると、そこは物質のある限界です。その先は空間だけが無限の広がりである想像になります。それで先ず私の思考の宇宙観で回答したものを載せさせて下さい。さて科学では,宇宙が60億光年からこちらに向かって若干加速で観測されるようになってからは,宇宙はこれからも広がり続けるだけで,縮まって来るような事がないという考えが一般に言われるようになってます。60億光年からこちらを観測していた科学者のチームが,超新星爆発の状況で距離と加速を判断して,若干加速で見えるという事になったのです。これは驚くべき発見とされ,空間は将来に渡って広がり続けるとされています。そしてこの発見の人達はノーベル賞を貰っています。これは宇宙が空間ごと広がった事で成り立つ話です。そしてこの加速させているエネルギーが不明とされ,これをダークエネルギーとしてます。ところが私の思考のような物質的な広がりでは,将来集まって来る理由になるのです。それは全ての物質が集まった時は途方も無い量で圧縮されて,それから縮まった勢いで反発して広がるのです。この集まった集団はかなりの大きさの球体です。それで広がる時は回りから銀河群が剥がれるように広がるイメージになり,そして遠のくのです。この時光を遥かに超す信じられない倍数の速さであっても,段々と衰えて行きます。そして後から広がっている物は,時が遅れた為に,こちらから見ると未だ加速の方が速い状態で残っています。これに対して遠くほど,先に起こった状態で加速が衰えて見えます。それで比べると,あたかもこちらに近い方が加速して見えるのです。しかし現状では違う異になります。それでこれから未だ1億年から5億年も経過した後には、近場の方も全体的に速さが衰えて来て、向こうから順繰りに遅くなって観測されると思います。今は未だ経過状態なので、錯覚して見えるようなものだと考えてます。「ハッブルの法則」は、空間自体が膨張している事実を示すのでしょうか、それとも天体が四方八方へ飛び散っている事実を示すのでしょうか1929年に、ハッブルによって、遠くにある天体程地球から速い速度で遠ざかっていることが判りました。天体の遠ざかる速度は、その距離に比例していました。これを「ハッブルの法則」と言います。「ハッブルの法則」は、次の通りです。v=Hr H = 71 ±4 km/sec/Mpc1Mpcメガ?パーセク = 326万光年です。つまり、326万光年離れた天体は、地球から毎秒71㎞の速度で遠ざかっています。不思議なのは、あらゆる方向の天体がそうだと言う点です。宇宙は、約138億年前に、ビッグバンにより誕生しました。それ以前、あらゆるものは一点に集中していましたが、未曾有の大爆発により宇宙は膨張を始め、現在も膨張を続けています。現在の地球が、まだビッグバンの中心辺りにまだあるのであれば、「ハッブルの法則」は成立します。あらゆる方向にある天体は、ビッグバン地点から放射状に広がります。この時、全ての天体は、距離に比例して地球から遠ざかって行きます。しかし、現在の地球が、ビッグバンの中心から遠く離れていたらどうでしょう。天体はビッグバン地点を中心に、放射状に広がります。地球とビッグバンを結んだ方向横方向にある天体について言えば、一応天体は地球から遠い星程速く遠ざかると言えます。しかし、地球から見て上下左右方向縦方向の天体はどうでしょうか。地球と天体は、ほぼ同じ方向へ向けてビッグバン地点から遠ざかっています。この場合、天体はほとんど地球から遠ざからないことになります。従って、「ハッブルの法則」が成立する為には、地球がまだビッグバン発生地点の極近くにあるか、宇宙全体が、2倍3倍となるような形で膨張しているかのどちらかしかありません。スイカを例に説明します。種が天体です。スイカが2倍3倍と生長すれば、種と種との間隔も、2倍3倍と開きます。これで、上手に「ハッブルの法則」を説明することが出来ます。天体が移動していると考えると、ビッグバン地点から放射状に膨張するすることになり、上手に説明することが出来ないのです。ですから、空間全体が2倍3倍となる形で膨張していると考えます。現在、地球がビッグバンの中心にはないとしたら、「空間自体」が全ての方向へ等しく膨張しているとしか考えられなかったのです。しかし、空間は、他のより基本的なものから構成することは出来ません。即ち、空間は構造を持たないので、それが変化する仕組みは説明することは出来ません。また、空間自体が膨張しても何も変わらないのです。DVDを大画面のテレビで見ても、小さな画面で見ても、ストーリーや結末は同じです。これは、画面の大きさに合わせて物質がその大きさを変えるからです。ですから、地球はまだビッグバンの中心の近くにあるので、どの天体を見ても天体までの距離に比例した速さで遠ざかっていると考えるのが合理的です。また、ビッグバンにより空間そのものが膨張していると仮定すると、天体は真っ直ぐ後ろには後退しません。時間が経過する程天体は地球から離れて行き、地球に光が届くのに時間が掛る様になります。つまり、時間が経過する程膨張の小さかった頃の過去の天体を見ることになります。つまり、天体の見える仰角が小さくなって行きます。では、思考実験をして見ましょう。ゴム風船上にいくつも点これが星のかわりですを書きます。 ゴム風船に空気を入れて、風船を膨らますと、点どうしの距離が広がりますね。 この時、ある星からみると周りの星が全て自分から遠ざかっていくように見えます。しかし、星は真っ直ぐに後退するとは見えません。 何故なら、星から光が届くのに時間が掛るからです。風船がまだ膨らんでおらず、地球のすぐ近くに星があった時、仰角45度の方向に星が見えたとします。 次に、風船の直径5㎝の時に星が発した光が直径10㎝になった時地球に届いたとします。すると、星は仰角26度36分の位置に見えます。この様に、時間の経過と共に星がどんどん離れて行き光が地球に届く時間が長くなるに従い、より過去の小さかった頃の位置の星を見ることになるので、どんどん低い位置に星が移動して見えることになります。 しかし、これは観測事実に反します。ですから、宇宙空間自体が膨張しているのではないことが分かります。 星が真っ直ぐ後退するには、物質がビッグバンにより四方八方へ飛び散ったおり、地球がまだその爆発の中心にある必要があります。これで、あらゆる星は距離に比例した速度で真っ直ぐに後退します。宇宙空間自体が膨張すると主張する人は、「どの様な仕組みで空間が膨張するのか」説明しなくてはなりません。しかし、それは未来永劫説明不可能です。何故なら、空間は実体がないので構造を持たないからです。構造のないものが変化する仕組みを説明することは出来ません。詳細は、下記のホームページを参照下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です