第201回国会 東日本の原発を動かさずに西日本の原発を動。色々な原因があると思いますが、「活断層」が要因かもしれないですね。東日本の原発を動かさずに西日本の原発を動かしているのは意図的なモノがあるのは間違いないのですねの超具体的使用例。東日本の原発を動かさずに西日本の原発を動かしているのは意図的なモノがあるのは間違いないのですね総数「6264」先生のABCDEFGH。原発ですが西日本の一部だけ再稼働させて、東日本は動かしていないのは理由があるのですか

現状はほとんど動いていないですが、それでも西日本の原発の一部は再稼働させています 逆に東は動かしていないですよね
今原発の状況をウィキで見たら、そういう傾向を感じました

東日本の原発を動かさずに、西日本の原発を動かしているのは意図的なモノがあるのは間違いないのですね
さすがにタマタマという事ではないのですね
西日本を動かして、東は動かさない理由はなんですか 吉田調書。『吉田調書』—福島原発事故。吉田昌郎所長が語ったもの」の特集ページです。
東日本大震災発生時の東京電力福島第一原子力発電所所長?吉田昌郎氏の肉声を
記録した政府事故調の資料を報告します。人間でこれだけのあれをしているの
にもかかわらず。実質的な。効果的なレスキューが何もないという。ものすごい
恨みつらみが残っていますから」福島第一原発では。いまや原子炉の冷却の
主軸である消防車のポンプを回すための軽油も。中央制御室の計器を動かすのに
必要な

意外? それとも順当? 5308年「はてなブックマーク 年間ランキング」。日本の原子力発電所マップ。いずれも。事故を起こした福島第とはタイプが異なる「加圧水型」で。西日本に
集中している。福島第原発の事故から年を経て。時点で日本
国内で稼働している原発は基定期検査中のものも含む。東日本大震災で
。東京電力の福島第原子力発電所が重大事故を起こしたことで。日本における
原子力発電の在り方は大きく変わった。残っていることから。地元住民?
自治体の合意を得ることは容易ではなく。再稼働の目途は立っていない。資源エネルギー庁がお答えします。確かに。東日本大震災が起きた年には。電力不足を防ぐため「計画停電」
などの対策がとられたものの。それ年当時に比べると。太陽光発電を中心
として再生可能エネルギー再エネの発電量が増えていることは間違い
ありません。火力発電に必要な燃料の価格は震災前よりも低下しているものの
。火力発電自体が増加したこと。また再エネの徹底的な経営効率化をはかった
ことも理由のひとつでしたが。基の原発を再稼動できたことが。今回の

40億稼ぐのに必要な知識を大学受験に必要な東日本の原発を動かさずに西日本の原発を動かしているのは意図的なモノがあるのは間違いないのですねで解説するよ【裏テク】。第201回国会。第百九十三回国会。原子力問題調査特別委員会理事会の決定により。本委員会の
活動等について専門的見地から助言を求める報告書の中を。少し言及をしたい
と思いますが。森山氏は。関西電力の幹部に対して。何か意に沿わないと。これ
は意図的にやっているんだと私は。この関電の金品受領問題が。原発を行って
いる事業者全てに当てはまるような構造的な問題ではない。そういうふうに
安全が担保されるものは動かしていいよというような議論があるんだろうと思い
ます。原子力発電所はどうなっているの。東日本大震災の発生 東日本大震災が起きて原子力発電所はどうなってしまったの
かな?燃料を冷やす; 放射性物質を閉じ込める 原子力発電所は「止める。
冷やす。閉じ込める」という考え方で安全を確保するように設計されているんだ

色々な原因があると思いますが、「活断層」が要因かもしれないですね。まず、原発を再稼働させるためには、原子力規制委員会から認められないといけない、というのは貴殿もご存知ですよね。その「活断層」が近くにあるもしくは、上にある原発に関しては、「① 今後、大地震起きても影響はないか」「② 大地震が起きても安全性が保たれると住民に証明できるか」などをクリアしていかないと稼働できないのがこの世の中です。西日本の原発と東日本の原発で「活断層」が近くにあったり、上にあったり、というのが東日本の原発側が多い、また、安全性が住民に浸透されていないからだと思います。おそらくH23年に起きた東日本大震災も少しは影響してるかもわかりませんね。被災への現実感は実際の被災地からの距離に反比例するからです。現実性のない新規制基準であってもそれに適合することを理由に稼働させていくとなると事故を起こした原発から遠く離れたところにある原発からということになるわけです。ちなみに福島原発事故後に停止などもってのほかとばかりに調整運転を続け再稼働にあたらないからと営業運転に移行してみせたのは北海道の泊原発でしたが、それも福島との距離そして北海道からの距離のなせる業だったと言えるかと思います。そうした北海道電力のやり口を非難する声はそれほど強くはなかったのです。もちろんただの傾向ではない。あまりにばかばかしくも見え見えの意図的なものだ。浜岡は日本一危険とだれもが認め、もんじゅのようになるんは確実だし、柏崎刈羽は中越沖地震で大ダメージを受けた過去から県民感情が悪く、新潟県知事も慎重な姿勢を崩さない。北海道を除けば、他は太平洋側で大震災直撃を受けたところばかり。福島第二は論外で全廃炉決定したが、他もさすがに東電も東北電も慎重にならざるを得ないし住民反対は強烈だ。おまけに東北は全国で最も自眠支持が低く参院選では自眠を蹴倒し続ける。北海道は知事が自眠の落下傘にもかかわらず道民反対は強い。東北北海層では昔からエネルギー需要の中の電気割合は全国より低く、自然災害が多いので停電なんぞは慣れっこだから、足り~んとかの脅しなんぞ効かんし、アンテーキョ-キューの掛け声なんぞも空々しく響くし、逆に不信をあおるだけだ。東北北海道新潟経済界への東電、東北電、北電の影響力も相対的に弱い。西日本はすべてがその逆だ。総理副総理の実家があり、副総理は宮殿帝国の御曹司だ。関電は東電に成り代わり覇権を握ろうと必死の工作。それによって災禍堂にこぎつけたが、さすがに何度かは裁判の良心によってせき止められた。しかしそれも政治の人事ソンタク圧に負けた最高裁事務局によって担当判事の首が飛ばされ、高裁ですべてひっくり返された。伊方の広島地裁判決も高裁でひっくり返った。九州は副総理のおひざ元の宮殿帝国だ。すべての裁判は予定調和のくだらない無知性ポチ判決で終わった。九州に司法の独立は存在しない。鹿児島でも県知事候補が原発停止を公約に当選したが、当選直後こそ宮殿に停止を申し入れながら、その後何か月かで容認にひっくり返し公約をすべて破棄して正反対に転じるという、隠密乗っ取りの手練手管を発揮した。▲日本の電力会社は、東電を中心とする東方北海道、東北。中部、北陸、Jパワー:50Hz、BWRと、関電を中心とする西方中国、四国、九州、:60Hz、PWRに分かれ、何かにつけてライバル意識がありますJパワーは全国にありますが、本社は東京で東方です 。何れも、経産省過っては通産省の指揮下にあり、格付けでは東方盟主:東電が上で、西方盟主:関電はいつも“後塵を拝する”立場でした。ところが原発設置に関しては、東電が設置場所がなく、もたつく間に、関電は我がもの顔で福井県に11基も設置、“原発銀座”をつくりあげ、通産省から強くお褒めの言葉を授かりました。福島事故後も、西方はこの立場を維持すべく、次々と原発再稼働させて、原発政策では東方を上回り主導権を握り、経産省に対しても発言力を強めました。▲東電は福島事故で、国家に甚大な損害を与えた罪により、今旧幹部は被告席に立たされています。この9月には判決が下され、5年の実刑判決執行猶予付き?がでると言われています。国策民営とはいえ、原発政策に貢献していた東電にとって、こんな屈辱的な扱いはないのです。要するに今後5年間は非国民的な立場におかれるのです。とても再稼働など出来る立場ではないのです。東方グループでは盟主:東電の窮状を鑑み、”原発休場”の立場です。▲<西日本を動かして、東は動かさない理由はなんですか。>???原子炉の型式違いなど、そんな単純なものでなく、日本人独特の怨情的なものがうごめいています。今電力会社は皆西も東も、本音は原発から離脱したいのです。政府経団連は、今後の廃炉時代を前に、“原発離れ”が進むのをとても警戒して、懸命に原発推進の旗を振っています。このように日本の原発事情はエネルギー需給などとは全く関係のない次元でうごめくことになりました。確かに原子炉の形式違いの事はありますが、福島からの距離の問題で認識が違うのが大きいです。スリーマイルやチェルノブイリがそうですが、日本から離れているので意識されなかった。事故が西日本に近ければ住民の意識も違い、西日本も止まっていたでしょう。現に事故か当初は日本中が停止していました。恐怖がさめる速度が事故現場から遠いと速い事が原因です。理論的と言うより、地域感覚性です。 四国で事故が起きれば西日本も原発は全機停止で二度と再稼働しないでしょう。政治とカネです。 原発は『採算性』が悪いため、原発比率の高かった関西電力、九州電力は『経営が苦しい』状態だったのです。 しかし、政府が最も心配したのは『反対運動』です。だから、まず、反対運動を抑えられる地域から『再稼働』を始めたのです。 九州電力管内は自民党が圧倒的な支配力を持ち、九州電力の力も強大です。そして、麻生太郎の地元でもあるのです。反社会勢力保守勢力の別動隊もしっかりしています。だから、第一に選んだのです。 続いて、関西電力、四国電力です。理由は同じです。 東北電力、北海道電力を後回しにしたのは『反対運動』の恐れがあるからです。 北陸電力、中国電力、中部電力を後回しにしたのは『原発依存度』が低く、財政状況が良かったからです。 ほかには『活断層』の問題があります。志賀原発、泊原発などは原発下に『活断層』が見つかっています。これはどうしようも無いでしょう。炉型の違いです。事故を起こしたのと同じBWRは再稼働が遅れています。関西、九州、四国のPWRは先に動いています。過酷事故に対しては、BWRの方が安全性が高いと言う話もありますが、あまり関係ないと思います。東日本と西日本で原子炉の型が違うから。北電の原発は西日本と同じ東京電力などの原発はBWRといって原子炉で蒸気を直接作ってボイラーに送り込むけど、関西電力などの原発はPWRといって高圧の熱水を作って、それから蒸気を作ります。事故った福島第一原発はBWRなので、それと同型の原発は安全審査が後回しにされてます。関西電力ってのが原発比率がもともと高すぎで関電が再稼働の急先鋒だからではないですかね。原発を眠らせておけば施設の維持費用、人件費もかさみますし、施設の建設費の償却も出きませんので、日本の環境、地球環境なんてのよりも、関電含む日本の電力会社、は自分のお金が大事っていうクソ企業ってことです。それを後ろで支えているのが安倍ってことですね。東電、東北電力は福島の事故の影響で周辺住民の理解が得づらく動かし辛いというのもあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です