返り点の種類 8月の全国統一マーク模試の国語大問4の問4。。4257年話題になった8月の全国統一マーク模試の国語大問4の問4の返り点の付け方と書き下し文の問題なのですが参考書の漢文のヤマのヤマでは使を使った使役の句形では必ずをしてが必要とサービスまとめ【レビュー】。高校3年です

8月の全国統一マーク模試の国語大問4の問4の返り点の付け方と書き下し文の問題なのですが、参考書の漢文のヤマのヤマでは「使」を使った使役の句形では必ず「をして」が必要と 書かれているのですが答えは「をして」が使われていませんでした

これは例外的なものなのでしょうか

上欲以倓為天下兵馬元帥、使統諸将東征
書き下す白文です 8月の全国統一マーク模試の国語大問4の問4の返り点の付け方と書き下し文の問題なのですが参考書の漢文のヤマのヤマでは使を使った使役の句形では必ずをしてが必要との画像をすべて見る。返り点の種類。返り点には大きくわけて4種類があります。「レ点」「一二三点」「上中下点」
「甲乙丙点」です。 次の画像をみ返り点 漢文を勉強する上で。最初に登場
するもの。それが返り点です。漢文を読んだり書き下し文にするときには必ず出
てきます。 返り点には一二三点の名の通り。一の次は二へ。二の次は三へと
うつります。 例文は。「東の出てきた順番に規則に従って書き下せば問題
ありません。 上中下点 上中下点は。一二三点を挟んで使います。一二三点

高校漢文「返り点の基本法則」練習編。二点が付いた字は後回しにして。下に向かって読み進めましょう。
_ 四文字目は「問とう」。 レ点 がついています。レ点は下
から上に漢文。訓読文くんどくぶん=白文に訓点返り点?送り仮名?句読点などを付け
た文。※句点くイワク」と読む「曰」は。参考書などでは「曰ク」として
いるものもあるが。最新の教科書ではほぼ「曰ハク」で統一されている。 また。

?ふつうはこのように読み下しますが?上、倓を以て天下兵馬元帥と為し、諸将を統べて東征せしめんと欲すこの文の場合、「倓をして東征せしめんと欲す」という訓読にはならないですね「倓をいったん天下兵馬元帥に任命した上で、諸将を率いて東征させる」と、複雑になっていますので。単純な「BをしてCせしむ」という形にはならないですね参考書に書かれているのはあくまで原則、「必ず「をして」が必要と考えてまあよいでしょうね」というふうに理解すべきだという一例でしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です