216時間目 が完全に還元され炭素を含み質量パーセントで。Fe2O3。「が完全に還元され炭素を含み質量パーセントで純度98な話」の作り方?話し方の3つのコツ【入門用】。窒素ガスを充たした加熱炉の中で、酸化鉄(Ⅲ) と黒鉛を反応させた その結果、すべての酸化鉄(Ⅲ) が完全に還元され、炭素を含み、質量パーセントで純度98 0% の鉄 200 g が生成した このとき、 一酸化炭素と二酸化炭素が物質量比 37:13 で発生した 一酸化炭素と二酸化炭素になった黒鉛の質量は何g か

解答では、
Fe2O3 + 3C → 2Fe + 3CO
2Fe2O3 + 3C → 4Fe + 3CO2
で、C の物質量をxとyにおいて、答えが50g となっているのですが、

Fe2O3 + 3C(x) → 2Fe(2x/3) + 3CO(x)
2CO(y) + O2 → 2CO2(y)
として、()内を物質量とおいて

(x y) : y = 37 : 13

鉄200 g の純度が98 0% なので、含まれる鉄は 200×98 0/100=196g
より
2/3x = 196/56
x = 5 25
5 25 × 12 = 63

とはならないのでしょうか 窒素ガスを充した加熱炉の中で。その結果。すべての酸化鉄が完全に還元され。炭素を含み。質量
パーセントで純度%の鉄が生成した。この時。一酸化炭素と二酸化炭素が
物質量比で発生した。一酸化炭素と二酸化炭素になった黒鉛の質量

が完全に還元され炭素を含み質量パーセントで純度98の画像をすべて見る。216時間目。充たした加熱炉の中で。酸化鉄Ⅲと黒鉛を反応させた。その結果。全ての酸化
鉄Ⅲが完全に還元され。炭素を含み。質量パーセントで純度,%の鉄が
生成した。このとき一酸化炭素と二酸化炭素が物質量比反応量の計算。その結果。全ての酸化鉄が全て還元され。炭素を含み。質量パーセントで純度
%のてつ200を得た。このとき。一酸化炭素。二酸化炭素が物質量比
で発生した。一酸化炭素と二酸化炭素になった黒鉛の合計は

Fe2O3 + 3C → 2Fe + 3CO 2Fe2O3 + 3C → 4Fe + 3CO2の反応が同時に起こっており? このとき発生した一酸化炭素と二酸化炭素の物質量比が 37:13 ということです?あなたのやり方だと? Fe2O3 + 3Cx → 2Fe2x/3 + 3COxのみ? つまり鉄の生成には一酸化炭素だけが発生する反応しか起こっていないことになります? 2COy + O2 → 2CO2yこの反応は鉄の生成とは何の関係もなく? 発生した一酸化炭素と二酸化炭素の物質量比などはどうでもいいことになります?実際はそうではないので? 一酸化炭素:二酸化炭素=37:13 の場合について問うています?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です