FdData中間期末過去問題中学理科1年力/ばね/重力/。まずレンガとスポンジの接している面積を求めます。秒間606万つぶやきを処理、高さ5cmのように質量600gの直方体のレンガのa面を上にしてのせるとスポンジがへこんだシステムの“今”。理科の圧力を求める式で Q ) 縦10cm 横20cm 高さ5cmのように、質量600gの直方体のレンガのa面を上にしてのせると、スポンジがへこんだ スポンジに加わる圧力はいくらか 式)6N÷(0 2×0 1)m2=300pa(N/m2) A) 300pa(N/m2) だそうなのですが、全く分かりません なぜその式になるのでしょうか ちなみに、【圧力(PaまたはN/m2)=面を垂直におす力(N) / 力がはたらく面積(m2)】だそうです1。右の図のような直方体をした質量のレンガを, スポンジ の上に置いた
。 , , の各面を下にしてスポンジの上に置いたとき,スポ –
ンジのへこみ方が一番大きいのはどの面か。 レンガ
面を下にしてスポンジの上に置いたとき, 圧力は何 になるか
。$//$海面と同じ高さのところでのの大きさはどのぐらいか。

首のこりや片頭痛もすっきり「高さ5cmのように質量600gの直方体のレンガのa面を上にしてのせるとスポンジがへこんだ」の治し方 ゆがみリセット学【翻訳】。高さ5cmのように質量600gの直方体のレンガのa面を上にしてのせるとスポンジがへこんだの画像をすべて見る。FdData中間期末過去問題中学理科1年力/ばね/重力/圧力/水圧。圧力 圧力 [ スポンジの変形 ] [ 問題 ] 後期中間改右の図は, スボンジの上に重
さ のれんがをのせて, へこみ方の] 学期中間右の図のような直方体の
物体がある この物体を, いろいろな面を下にしてスポンジの上に置いた 次の各
問いに質量が = の物体にはたらく重力の大きさは, = である
=,= なので, レンガが机と海面とほぼ同じ高さの所では,
= 約 = である は水圧と同じように, の方向からはたらく [
解答 ]

まずレンガとスポンジの接している面積を求めます。これはたんいを平方メートルにしないといけないので、10センチ=0.1メートル、20センチ=0.2メートルよって0.02平方メートルになります。これがだせればあとは簡単です。100グラム=1Nなのでこの物体がスポンジを押す力は6Nであると言えます。後は6÷0.02をすれば300になります。よってスポンジにかかる圧力は300Paであると言えます。P.Sパスカルの単位はPが大文字aが小文字ですよ。入試で間違えないようにしてくださいね。長文失礼しました。すでに公式が出てるのでそれに当てはめるだけで答えに辿りつきます。圧力=面を垂直におす力÷力がはたらく面積なんですよね?この場合、a面を垂直におす力a面にかかる重さは質量600gです。100gは1Nなので6N。力がはたらく面積a面と質量600gの長方体のレンガが接触する部分は面積=横×縦なので0.2横×0.1縦。なんで0.2と0.1なのかは面積を㎡で求めなければならないので㎝をmに直します。1m=100㎝なので10÷100=0.1、20÷100=0.2です。中学校では地球上で質量100gの物体にかかる力を1Nとしています。本当は違いますけど。質量600g のレンガにかかる地球上での重力は 6N圧力 PPa=F力N/S 力のかかる面積m2 です。 これは定義面積をm2単位で求めてみると 10cm=0.1m, 20cm=0.2m です。面積 S=0.1×0.2 =0.02 m2 よって、定義の式に代入してみると P Pa=6N/0.02m2 =600/2 =300 Paとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です