wikiとかで調べても中々わかりませんでした。敷島の大和心を人とわば朝日に匂う山桜花って本居宣長が詠んでますね。大和魂とはなんですか wikiとかで調べても中々わかりませんでした

敷島の大和心を人とわば朝日に匂う山桜花って本居宣長が詠んでますね。これが平安時代から語られた「大和魂」。争わず和を貴び、利や理より情を重んじ、様々な外来の技術や文化を咀嚼して受け入れる。荒々しくはないたおやかな文化。その様なものが元々の大和魂。幕末に、対外的なナショナリズムとしての国学思想が武家の間に広まるとともに、実は唐心である儒教道徳の天皇への「忠誠」や武士としての「潔さ」を盛り込んだ新「大和魂」が生まれた。国軍の成立や発展とともに、近代ではその意味新「大和魂」で用いられることが多くなる。いわゆる兵の心掛けとしての「大和魂」である。ただし元々、和の精神や情を重んじる精神が根っこにあるため、軍という組織運用上、障害となる面も多々あるという事にもなった。「みんなで頑張りましょうね。」って言う意味。武士道とか「しきしまの やまとごころを ひととわば あさひににおう やまさくばな」本居宣長などをミックスしたものでは。大和魂と言ったら元ボクシング世界チャンピオンの藤猛ハワイ日系2世が言った「ボクシングはヤマトダマシイ。勝ってもかぶってもヒモよ」が思い浮かびます。 笑大和魂の根底には記紀の精神があると言われます。古事記や日本書紀などの建国の精神こそ大和魂でしょう。元々そんな言葉はない。確か戦時中だったかに兵士高揚の為に作られた存在しない精神論だったと記憶ドイツのゲルマン魂に対して日本の大和魂これを真面目に翻訳 解釈するととんでもない精神論になる。一般的にはもう使われない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です